スタジオ・ヒエイの徒然ブログ・CG制作のツボ

つれづれなるままにそこはかとなく3Dを紹介するブログ。 Maya、AfterEffectsを使ったCG制作に関するツボなども書き留めることがあります。 つれづれなるままに、日ぐらしPCにむかひて、こころに うつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく打ち込めば、あやしうこそものぐるほしけれ

Counter

Renderman

V-ray for 3dsMaxのマニュアルの分厚さの違いにビックリ!!!

V-ray for MayaV-ray for 3dsMaxのマニュアルの分厚さの違いにビックリ!!!

断然、V-ray for 3dsMaxの方が分厚いですよね。2倍くらいあるかな。
歴史の深さを物語っていますね。

V-ray for Maya速く3dsMaxに追いついてほしいですよね・・・

でも、MentalrayはMayaの方が3dsMaxよりも機能が増えてます

例えば、importonとかirradienceなど、V-rayにもあるirradienceがMaya mentalrayには登場しています。

irradienceのメソッドというのは、finalgather(FG)と違って、形のR、つまり滑らかさがしっかりモデリングされていないと、アラがまともにでてしまう所があったりして玄人向きなんです。あまりMentalray for Mayaでは常用しないのでは・・・皆さんはどうなんでしょうか?

importonというのはGI、FGと連携できるので、GI(Global illumination)のphoton数を軽減して、レンダリングを軽くしてくれたりします。というかMentalrayなのにGIチェックのみでOKになってしまいます。トリックを使えばですけど・・・いろいろなサイトを参考にしてください。


V-rayの一番の強みはGIレンダリングが基礎にあるので、MentalrayのFinalgatherだけのレンダリングとは光の質が全然違います。GOD Light的なものが表現できます。

V-rayはGIの設定が簡易で、しかも非常に軽いというのが利点です。

建築関係のお仕事で3dsMaxのV-rayは必要ですが、現状、スタジオ ヒエイはMaya派なのでV-ray for Maya、Renderman for Maya、Mentalray for Mayaでいろいろなテイストを表現できればと思っています。ちなみにスタジオ ヒエイはMayaで建築パースを作っています。


V-ray for 3dsMaxの写真みたいな、ではなくて、テンペラ画みたいなとか、旧ベネチア派みたいなとか・・・
いろいろなテイストのアニメーションをこれからも作り続けます。




以下、写真。左V-ray for 3dsMax右V-ray for Maya
DSC_0092low





hiei

PixarのRendermanStudio Pro実践について

前置きですが、
日本人でPixarに就職した方は数名おられます。
デジタルハリウッドの学長は誇りにしていると発言しておられました。


ただ、日本に帰ってきた方もおられるのに、やり方をブログなどでは教えてくださらない。
とても残念というか寂しい話ですよね。
できれば教えて欲しい。でも、教えてくれないですよね。


Rendermanのお勉強、ダメ研さんという方がRendermanの研究をブログの方でされています。
教えてくださっているのですが、文型の自分には到底理解できず、宇宙語でも書いているのかな見たいな感じがします。
http://wiki.livedoor.jp/m_riho/d/RenderMan%A4%CE%A4%AA%CA%D9%B6%AF

非常に難しいプログラミングが表記されています。
しかし、実際はPixar Rendermanにプログラミングが不可欠かというとNoなのです

美大出身のCGアーティストにこんなプログラミングを学べというのは時間のロスでしかない。
それを勉強するよりも、画力を上げる、モデリングを極める、テクスチャを極める、手付けモーションの訓練をするなど、もっとすべきことがあります。

Pixar Rendermanはそんなに難しいシステムではなく、Mentalrayが完璧に理解できている段階であれば、そこそこはマスターできます。

なぜなら、シェーダーをプログラミングしなくてもMaya内のシェーダーが自動的にPixarのRendermanのシェーダー(.slo)に変換されるからです。

以下、Rendermanでレンダリングした画像です。VFX技術などは使っていません。まともに作りこまれたビルを大量に後ろの後ろまでレンダリングしています。8スレッドのPCで数億万ポリゴンを12分程度でレンダリングしアニメートできるのです。



何故それが可能なのか?
Renderman Studio Pro にはRibというシステムがあります。
Pixarが大規模なシーンをレンダリングしアニメートすることが可能になったのはこのシステムがあるからなのです。

その気になれば動くキャラクターだらけのシーンさえ数分でレンダリングできるテクノロジーです。

しかも非常にシンプルで簡単にできるようになっています。

以下ナイスサービス様のCG制作でPixar Renderman Studio Proを使用させていただいたのですが、とてもすばらしい感じがしました。



後、追記ですが、Renderman for Mayaにはribはありません

Pixar Renderman Studio ProをMayaにインストールするとRibが使えます。

後もう一つ、Shave and a hair cutなどの外部のプラグインとも多少連動がとれます。
多少ですが・・・(モーションブラーの設定をするとかつらがずれます)



以下にPixar Renderman for MayaのFreeチュートリアルサイトがあります。(英語)
http://cgterminal.com/2011/04/23/renderman-for-maya-lighting-and-compositing-video-tutorial/

興味のある方は是非ご覧ください。(ちょっと難しいです。)


追伸、Maya mentalrayでも工夫をすれば以下のレベルくらいのものは8スレッドでレンダリング可能です。
余計ですが、用は創意工夫なのです。




株式会社ナイスサービス様 提供
2



スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei

Pixar RendermanとMaya Mentalrayの互換エラー発見!

スタジオ ヒエイではRendermanMentalrayを使用しています。

突然、バッチレンダリングができなくなるエラーが発生しました。

以下の方法で解決したので報告します。

error1

error2

error3


結論を言うと、プラグインマネージャーのRendermanのチェックをはずさないと、Mentalrayのプレビューレンダリングは使えても、バッチレンダリングは使えなくなるということです。





以上です。


スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei


スタジオ ヒエイのFacebookページ

できれば、「いいね」をよろしくお願いいたします。

Pixar Rendermanのインストールが成功

今日pixar Animation Studioがほこるヒット率100パーセントアニメーションスタジオの自社開発レンダラー、その名もRendermanのインストールに成功いたしました。

今回のアニメーション制作の案件では事情ありMenralray for Maya を使用しますが、Rendermanもそのうち使いたいですよね。

Rendermanの特徴としては、
1、モーションブラーの高性能化。

2、ローポリモデルにたいする自動スムーズ化

3、コマンドラインレンダリング(Renderman for Mayaにはない)

などの特徴があります。今、気づいている点はこの3点です。

Mentalrayの場合

1、モーションブラー機能は存在しているが、ひどく重い。(実際に納期が決められている場合使えないと思った方がよい
変わりにAfterEffectsのReal Smart Motion Blur(有料)などを使う必要がある。

2、ローポリにたいする自動スムージング化は存在していない。
つまり、レンダリングする際にハイポリメッシュに変更するので、当然、エラーやフリーズなど操作しずらい点がでてくる。

3、コマンドラインレンダリングはない。(基本的に用意されたシェーダーを使う。)

V-ray for Mayaの場合

1、モーションブラーはMenralrayよりは高性能

2、ローポリモデルにたいする自動スムーズ化はない。

3、コマンドラインレンダリングはない


3つを比較した点ですが、モーションブラーとロウポリキャラクターを自動的にスムージングにレンダリングしてくれるRendermanはすごいですよね。

100パーセントヒットの理由の一部としてこの点が挙げられるかもしれませんね。




2



参考になったと思ってくださった方だけでよいのでいいね!をよろしくお願いします。
スタジオ ヒエイFacebookページ

Renderman for Mayaはpixar Animation Studioで販売しています。
http://www.pixar.com/
サポートはすべて英語でのやり取りとなります。エラーが起こった場合に備えてForumに参加できるように、英語の勉強を日々やっておいた方がよいと思います。


スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei


スタジオ ヒエイのFacebookページ

できれば、「いいね」をよろしくお願いいたします。

pixarのレンダラー

pixarのこの色合いはmentalrayではなくて、rendermanらしいです。
とっても素晴らしい。

追伸、pixarはrendermanの開発元ではありますが、トイストーリーの制作に市販のrendermanをそのまま使っているかは存じかねます。

おそらく、自社製の高性能版rendermanでも使っているんではないでしょうか。
知っておられる方メッセージお願いします。





スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei


スタジオ ヒエイのFacebookページ

できれば、「いいね」をよろしくお願いいたします。
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
3dsmax関連記事201205版 (3ds Max講座★3ds Max入門ブログ マニュアル 初心者 操作 解説 使い方 講習 スクール)
Mayaと3dsmaxの違い(発見1)
  • ライブドアブログ