スタジオ・ヒエイの徒然ブログ・CG制作のツボ

つれづれなるままにそこはかとなく3Dを紹介するブログ。 Maya、AfterEffectsを使ったCG制作に関するツボなども書き留めることがあります。 つれづれなるままに、日ぐらしPCにむかひて、こころに うつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく打ち込めば、あやしうこそものぐるほしけれ

Counter

Nikon

Maya or 3dsMax or XSI Mayaなのか3dsMaxなのかXSIなのか?

Autodesk Mayaを使っていて思うこと。
昨今のCG業界ではMaya、3dsMax、XSIでのデーター納品がよくある。道具は関係ないと思うけれど、この3つのソフトフェアには、それぞれ独特のクセがある。
一眼レフカメラのNikon、Canon、SonyのCCDセンサーのノイズが違うような感じで、レンダリング結果の発色に微妙な違いがある。
何を作りたいかを考えてどのソフトフェアを使うのかを考える必要がある。
例えば、建築物をつくるのであれば3dsMaxのV-ray3.0は無双の強さを誇っている。VFX関連も3dsMaxのV-rayは強力。
しかし、MayaのV-rayでもVFX関連ではハリウッドやCM産業でも多くの導入事例があり、3dsMaxの合成とは微妙な違いがある。
これは好みの問題かと思う。
XSIはモンスターハンターなどでも使用されていて、割合XSIを主力にしている所もある。
当然、MayaのMentalrayとXSIのMentalrayを比べると微妙に違う。
 キャラクターの質感も3dsMax、Maya、XSIでは微妙に違う。
カメラで例えるなら、Canonのセンサーで撮影した人間の肌の色合いはNikonのセンサーで撮影した肌の色よりも美しいような気がするみたいな感じで、何か違う。

3つの内どれを選ぶのがベストかという話は別として、Maya、3dsMax、XSIで同じモデルを用意して、同じMentalrayでレンダリングしても同じ結果にはならない。いかに数値やシェーダー設定を微調整して合わせても同じにはできない。
ただ、Mayaをやってきて思うことは、MayaのMentalrayは絵に近く。手作り感のあるテイストが作りやすい。理由は、ピクセルがにじむ性質がある。
それに逆行して、3dsMaxのV-rayはサンプリングレベルが非常に高い設定にできるため、形のエッジが非常にシャープにシビやにでるため、きっちりモデリングした場合、レンダリング結果が作り物に見えない。正直、どんなに頑張って見ても写真にしか見えない。とても、作ったものだとは思えないようなものができる。

Maya、3dsMax、XSI、CG3大ソフトどれを使うかは、
カメラメーカーのNikonの38メガピクセルのシャープに形が撮影できる世界を選ぶか、CanonのピクセルではNikonに勝てないが、人間の肌を撮影すれば最強なのを選ぶのかどうかという選択に似ているように思う。


スタジオ ヒエイ制作
⇒⇒ http://www.studio-hiei.com

hiei

CG制作に使用するテクスチャを撮影してみよう。

CG制作に使用するテクスチャを自分で撮影してみよう。

1、広角で撮影しない。

2、直射日光で撮影しない。逆行もしくは、少し曇ったときに撮影する。

3、ISO感度はノイズ削減の為100〜200固定

4、F値は絞る。(F8〜F11など)全体にピントを合わせるよう気をつける。

5、物体に対して平行にレンズを向ける。斜めにしない。

6、解像度は最大で撮影、RAW現像16bitに変換できるように設定。(Raw+fineなどに設定)

以上6つの注意点が挙がられています。



参考サイト

テクスチャを撮ってみよう!
http://channel.pixta.jp/?p=1968

テクスチャ撮影 ひにけにGD
http://blogs.msdn.com/b/ito/archive/2008/03/21/photo-to-texture.aspx?CommentPosted=true#commentmessage



以下アルミホイルを撮影
テクスチャ参考撮影


テクスチャ合成


NikonD80 標準レンズ
2894×1944pixel
300dpi
1/200秒
ISO 200
F4
35mm焦点距離


状況によって絞り(F値)、焦点距離が少し変動します。

フリーのテクスチャや、有料のテクスチャでも足りない時にカメラで撮影します。



スタジオ ヒエイ制作(Studio Hiei presents)
⇒⇒www.studio-hiei.com
hiei
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
3dsmax関連記事201205版 (3ds Max講座★3ds Max入門ブログ マニュアル 初心者 操作 解説 使い方 講習 スクール)
Mayaと3dsmaxの違い(発見1)
  • ライブドアブログ