スタジオ・ヒエイの徒然ブログ・CG制作のツボ

つれづれなるままにそこはかとなく3Dを紹介するブログ。 Maya、AfterEffectsを使ったCG制作に関するツボなども書き留めることがあります。 つれづれなるままに、日ぐらしPCにむかひて、こころに うつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく打ち込めば、あやしうこそものぐるほしけれ

Counter

Maya2012

Maya2013ファイルをMaya2011で無理やり開く方法(スーパートリック)

Maya2013ファイルをMaya2011で開く方法

テクスチャ、シェーダーを割り当てたMaya2013ファイルをMaya2011で開く方法を紹介します。

この方法はMaya2013subscriptionを買えば、Maya2013、Maya2012、Maya2011、Maya2010すべて使用できるのですが、subscriptionの意味を理解しないで正規の商用版Mayaを買ってしまった人のために書き留めておきます。

1、Maya2013でテクスチャ、シェーダーを割り当てたファイルを.mbから.maの形式に変換します。

2、全てのオブジェクトを結合します。

3、すべてのヒストリーを削除(delete by all history)します。

4、.maの形式で保存します。

5、Maya2011で開きます。Maya2012でも同じです。
オブジェクトが消えてしまったりなどのバグがなくなります。

以下の方法、つまり、開くオプションのバージョン無視にチェックをいれても、シーンデーターが複雑になればバグは起こります。ほぼ99パーセント以下のベターな方法では開きません。
convert_Maya2013_file_to_Maya2011_not

以下、ベターな方法を紹介したyoutube動画参考です。ご確認ください。



これは自分が偶然見つけた方法です。

少しでも役にたったと思ってくださった方、facebookLikeボタンにクリックしてね。
個人的に小技ですが楽しいネタや製作の途中経過などいろいろ紹介していきます。
他のスタジオではたいてい出来上がった作品しか掲載してくれません。
しかしスタジオ ヒエイはかなりオープンに見せてしまうんです。

これはすごいお得なことなんですよ。

以上、スタジオ ヒエイがお送りするスーパートリックでした。ヒエイのサイトにもアクセスしてね。
hiei

Maya2012レンダービュー表示されないの解決策

Maya2012を購入された方でレンダープレビュー画面が表示されない方がおられると思います。解決策を以下に記載しておきます。

1、Maya2012のプリファレンスを開き、
カテゴリのUI要素>パネルの構成を以下のように変更してください。(同じようにしてください)
保存するとき、開くときのチェックをはずしてください



2、次にスクリプトエディタを開き以下のmelスクリプトを入力し実行してください。



以下にmelを記載しておきますのでコピーペーストしてみてください。
(このスクリプトは海外のブログで公開されていたものです。)

$exists=0;
for ($item in `getPanel -scriptType "renderWindowPanel"`) {
if ( $item == "renderView" ) {
print "renderView exists.\n";
$exists=1;
}
}
if ( $exists == 0 ) {
for ($item in `getPanel -scriptType "renderWindowPanel"`) {
//print ( $item + "\n");
if ( $item == "renderWindowPanel1" ) {
deleteUI renderWindowPanel1;
$renderPanel = `scriptedPanel -type "renderWindowPanel" -unParent renderView`;
scriptedPanel -e -label `interToUI $renderPanel` $renderPanel;
}
}
}



3、スクリプトをctrl+Aですべて選択してマウスのミドルドラッグでシェルフに追加しRVF(Render View Frame)など自分の分かりやすい名前をつけて、いつでもクリック一発で実行できるようにしておきましょう。
スクリプト実行後プレビューレンダーが可能になります。

追伸、Maya2013をインストールするとMaya2012のレンダービューが正常に回復するようです。

Maya2011 2012 2013のシステムが複雑に連動しているようです。


余計な一言かもしれませんが、Maya2010が一番良かったですね。
全部安定していましたから。Maya2013とそれ以降、非常に期待したいですね。
Maya2015あたりが完璧になってそうとか予想をかってにしています。


スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei

Maya2013 MotionCapture Retageting性能向上の件

Maya2013が新しくリニューアルされるみたいです。

Maya2012に比べて格段に比較にならないくらいモーションキャプチャの親和性がとれるようになっています。

HumanIKのリターゲティング時に起こる腕の不可動エラーがなくなっています。

MotionBuilderと同じ性能とはいかないけれど、この進歩の速さはすごいです。

来年度にはMotionBuilderがいらないくらいにHumanIKが進歩しているかもしれませんね。

1


動画はfacebookにアップロード、以下参考のほど。
http://www.facebook.com/photo.php?v=298411056909841&set=vb.100002228478574&type=2&theater

3DはMayaさえあればいいという時代がくることを願ってやまないですね。

以下、Maya2013スキニングのすごい変革です。





スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
3dsmax関連記事201205版 (3ds Max講座★3ds Max入門ブログ マニュアル 初心者 操作 解説 使い方 講習 スクール)
Mayaと3dsmaxの違い(発見1)
  • ライブドアブログ