スタジオ・ヒエイの徒然ブログ・CG制作のツボ

つれづれなるままにそこはかとなく3Dを紹介するブログ。 Maya、AfterEffectsを使ったCG制作に関するツボなども書き留めることがあります。 つれづれなるままに、日ぐらしPCにむかひて、こころに うつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく打ち込めば、あやしうこそものぐるほしけれ

Counter

Lightwave3D

Lightwave3Dから生まれる銀河系

Lightwave3Dから生まれる銀河系

Lightwave3Dで少し遊んでみました。

AfterEffectsのCC_ParticleWorldやTrapcode社のParticular,Form,その他VideoCopilot社のOpticalFlareなどを使ってよく銀河系(galaxy)や星雲のアニメーションを作っているのをテレビでも見かけます。

今回、遊びなのでAfterEffectsではなくて、Lightwave3Dをふんだんに使って銀河を作ってみました。

作る際に必要となるLightwave3Dの機能はHyperVoxelです。これはLightwaveのデフォルトの機能です。
LightwaveのHyperVoxelは残念ながら非常に重いです。AfterEffectsに対して比べ物にならないくらいレンダリングに時間がかかります。
しかし、水などの表現に対してはMaya、3dsMaxに引けをとらない精度を誇っていると感じます。

今回は以下の本を参考に作成しました。
以下の本は、おそらく絶版で手に入らないかもしれませんが、どこかで売っているかもしれませんので参考になさってください。Lightwave関係では初心者から上級者まで対応できるとても良い本です。

3_low



1、制作の流れとしてはモデラーの画面でランダムポイントを使って、銀河の渦を描いていくのです。
それを中心からレイヤー分けしてレイアウトの画面にもっていくのです。
1low


2、レイアウトの画面ではライトによって恒星(強い光の星)をいくつかふりまいた後、HyperVoxelを起動させて、銀河の中央から質感の設定をしていくのです。
もちろんアニメーションも自由にできます。
2



完成品は以下のようなイメージです。
ginga_LW


少しキラキラしすぎたメルヘンな銀河になってしまっていますが、もう少しクールに決めることも出来るんです。
Lightwave3DのHyperVoxelはHeavyですが、とても良い機能です。


スタジオ ヒエイより(Studio Hiei Presents)
hiei

Lighwave3DのClothFXでスカートを動かしてみよう

Lightwave3D9.0のclothFXとMayaのnclothを比べてみよう!

前回は初音ミクのスカートをMayaのnclothで動かすやり方を掲載しました。

今回はついでに比べるという意味を込めて、Lightwave3D 9.0ではどうかということを解説したいと思います。

Maya2012 2011 nclothとの違いを考えてはいかがでしょうか?

以下、yahoo geocitiesで掲載しましたのでリンクをはっておきます。

⇒⇒http://www.geocities.jp/describe2700/(Lightwave3D9.0 ClothFX チュートリアル)





それから、

Facebookページも順次更新しています。CG制作に興味のある方はどうぞこちらも。

いいね!
でお気に入り登録してくださった方にはブログでは掲載していないお得な情報も順次掲載していきます。

スタジオ ヒエイのファンページは無名ですが実は結構お得なんです。

何故かというと、Menralray tips、RendermanStudioやV-ray for Maya、キャラクターのダイナミクス、


AfterEffectsの重要メモ、Vueを使った大気モデルなど、お友達でないと公開できない事がたくさん掲載されているんです。


なので、是非(いいね!)で、一緒にCGを語り合いましょう。



CGチュートリアル作成
--
スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei


スタジオ ヒエイのFacebookページ

できれば、「いいね」をよろしくお願いいたします。

3D/PV メリーのリグ

キャラクターのリグはMayaの内部ですべて簡潔させ、Maya上でアニメーションさせます。

通常、大手のゲーム会社などはMotionBuilderというのを使っているようですが、今回、大きなアクションシーンもないという事と、コスト的削減、チームとの連携を考えてすべてMayaというソフトで簡潔させることにしました。

集団で製作する場合、Lightwaveや3dsmax、Mayaがそれぞれ混ざると、ポリゴンのやり取りをする間にエラーが起こりやすくなるので、皆さんもチームで製作する場合はできるだけ同じソフトで行ったほうがよいでしょう。

私の経験ではMayaとLightwaveのやり取りは大きなエラーが数多くありました。

以下、非常に基本的なリグです。何も特殊な細工はしていません。

257611_120123994738549_100002228478574_189253_5458544_o


@Copyright スタジオ ヒエイ 3D

3D/PV メリーのMAYA標準レンダリング

キャラクターというのは案外、3日くらいで簡単に簡潔してしまうこともある。
しかし、このメリーについては設定資料など詳しく描いていたけれど、やや余裕とはいかなかった。

その後、納得がいかなかったので大幅に顔を修正した。これは、修正前のとりおきである。

merry_software


@Copyright Studio Hiei 3D

3D/PV ジャックとメリーのモデリング

今回の主人公とヒロインであるジャック(弟)とメリー(姉)のモデリングデーターです。
まだ、テクスチャは貼がれていますが、モデリングデーターのみスクリーンショットしました。

女の子をできるだけかわいくしないと受けが悪いので、かわいくかわいくと考えましたが、出来上がったら微妙に子供というより、おばさんだったのでやや厳しいという感じがします。

これからの手直し、テクスチャ、モーションのしぐさなどでうまくカバーしていければいいのですが...

242861_117516918332590_100002228478574_167803_6774441_o


@Copyright スタジオ・ヒエイ3D

Lightwave3Dから生まれるバクテリア

あまり意味がないと思うけれど、Lightwave3DのHyperVoxelという3Dエフェクト機能によって、バクテリアを作ってみた。

Mayaにもエミッターがあるのでバクテリアを作るとどうなるのか気になるところですね。







スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei


スタジオ ヒエイのFacebookページ

できれば、「いいね」をよろしくお願いいたします。

lightwave3Dで色ライティングの設定

lightwave3D広場






スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei


スタジオ ヒエイのFacebookページ

できれば、「いいね」をよろしくお願いいたします。
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
3dsmax関連記事201205版 (3ds Max講座★3ds Max入門ブログ マニュアル 初心者 操作 解説 使い方 講習 スクール)
Mayaと3dsmaxの違い(発見1)
  • ライブドアブログ