スタジオ・ヒエイの徒然ブログ・CG制作のツボ

つれづれなるままにそこはかとなく3Dを紹介するブログ。 Maya、AfterEffectsを使ったCG制作に関するツボなども書き留めることがあります。 つれづれなるままに、日ぐらしPCにむかひて、こころに うつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく打ち込めば、あやしうこそものぐるほしけれ

Counter

For

V-ray for 3dsMaxのマニュアルの分厚さの違いにビックリ!!!

V-ray for MayaV-ray for 3dsMaxのマニュアルの分厚さの違いにビックリ!!!

断然、V-ray for 3dsMaxの方が分厚いですよね。2倍くらいあるかな。
歴史の深さを物語っていますね。

V-ray for Maya速く3dsMaxに追いついてほしいですよね・・・

でも、MentalrayはMayaの方が3dsMaxよりも機能が増えてます

例えば、importonとかirradienceなど、V-rayにもあるirradienceがMaya mentalrayには登場しています。

irradienceのメソッドというのは、finalgather(FG)と違って、形のR、つまり滑らかさがしっかりモデリングされていないと、アラがまともにでてしまう所があったりして玄人向きなんです。あまりMentalray for Mayaでは常用しないのでは・・・皆さんはどうなんでしょうか?

importonというのはGI、FGと連携できるので、GI(Global illumination)のphoton数を軽減して、レンダリングを軽くしてくれたりします。というかMentalrayなのにGIチェックのみでOKになってしまいます。トリックを使えばですけど・・・いろいろなサイトを参考にしてください。


V-rayの一番の強みはGIレンダリングが基礎にあるので、MentalrayのFinalgatherだけのレンダリングとは光の質が全然違います。GOD Light的なものが表現できます。

V-rayはGIの設定が簡易で、しかも非常に軽いというのが利点です。

建築関係のお仕事で3dsMaxのV-rayは必要ですが、現状、スタジオ ヒエイはMaya派なのでV-ray for Maya、Renderman for Maya、Mentalray for Mayaでいろいろなテイストを表現できればと思っています。ちなみにスタジオ ヒエイはMayaで建築パースを作っています。


V-ray for 3dsMaxの写真みたいな、ではなくて、テンペラ画みたいなとか、旧ベネチア派みたいなとか・・・
いろいろなテイストのアニメーションをこれからも作り続けます。




以下、写真。左V-ray for 3dsMax右V-ray for Maya
DSC_0092low





hiei

CGチュートリアルに関するお願いとお知らせ。

スタジオ ヒエイの徒然ブログで紹介しているCG制作のツボというのは、実は本当に重要な内容を掲載しているのです。
本来なら学校に言って、CGの先生に一回授業料3万3千円などを支払って、個人的に質問して得れる情報も含まれているのです。

長々と動画でわかるCGみたいなビデオを見るよりも、すばやく要点のみを理解できるところもあるのです。

今回、話がとびますが、少し皆さんにスタジオ ヒエイからお願いがあるのです。
このブログをみて参考になったと思ってくださった方だけでいいので、スタジオ ヒエイと一緒にfacebookに参加して欲しいのです。




スタジオ ヒエイFacebookページ

参加してくださった方には、現在のお仕事の進行状況(途中経過(絵コンテなども))や制作技法、方法論、チュートリアルの更新などのお知らせを随時、このfacebookページにて行います。

そのかわり「いいね!」をクリックする必要があります。でないと、皆さんのウォールに情報が上がってこないからです。

あと、RendermanやV-rayなど、普通のスクールでは習えない内容も随時公開していくつもりです。
ぜひスタジオ・ヒエイと一緒にCG制作をエンジョイしましょう。
また、実務にも生かしていきましょう。

スタジオ ヒエイFacebookページ

では、今回、実際にV-rayを開いてみましょう。

1、球体を作成してV-ray_materialを適用してみましょう。
基本的にV-rayはすべてV-ray_materialがベースでシェーダーが作られています。
V-ray_materialのみ使えれば、ほとんどの質感表現が可能となります。
Mentalrayのように複雑なコネクションを必要とするケースは少なくなります。



2、diffuseから色を変更してみましょう。



3、次にレンダーオプションからV-rayを選択してレンダリングボタンをクリックしてみましょう。
もちろん最初にプラグインマネージャーからV-rayをロードしておく必要があります。




申し訳ないのですが、今回は以上です。
皆さんがFacebookページでいいね!を押してくだされば、どんどん元気になって、ブログにもあみ出した必殺技を掲載してしまいますので、どうかよろしくお願いいたします。

それから、Facebookページは閲覧するだけならFacebookに登録していなくても可能です。
いいね!を押して、購読者になることはできませんが・・・
スタジオ ヒエイFacebookページ


スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei


スタジオ ヒエイのFacebookページ

できれば、「いいね」をよろしくお願いいたします。

V-ray for Mayaでインテリアをレンダリング

道具の問題というのは非常に大きいと感じるのですが、結局3Dも絵心だと感じます。

V-ray for Maya ,Mentalray for Mayaどれを使っても結局は絵心というか画力です。
その他にPC力、彫刻力も問われている感じがします。

なので、「V-ray for Mayaは万能ですよ」、「これがあればすぐに絵がだせますよ」と発言するのはやめておきます。


 話が戻りますが、今回V-ray for Mayaについて気付いた点は、レンダラーに写真のようにリアルな表現というイメージがありますが、そんなこともなく表現の幅は広いようです。

今回はわざとモラモラしたテンペラ画のような質感を表現してみました。

photonの現れ方に多くボキャブラリーがあって、Menralrayにはない使いやすい機能があります。

レンダリング速度も最終レンダリング以外のプレビューは非常に高速ですばらしい感じです。


次はシェーダーのコネクションについてですが、V-ray for Mayaは非常にシンプルです。
例えばMenralray の場合はsky portal_lightの設定にコネクションが必要だったり、設定が多すぎるのでは・・・?と感じる点がありますが、V-rayはそんなに複雑でもないので助かります。

その他にも助かる点がいくつかあるのですが、一言でまとめると「シンプル」です。








スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei


スタジオ ヒエイのFacebookページ

できれば、「いいね」をよろしくお願いいたします。

V-ray for Mayaを使ってみた








V-ray for Mayaを使ってみました。
非常に使いやすい構成だと感じました。
今まではMayaのデフォルトに掲載されているMentalrayを使用していましたが、非常に重いシーンデーターも扱うようになったので、V-rayに乗り換えることにしました。

まずGIの設定が画期的でした。
Menralrayの場合はPhotonの設定に多くテストを重ねる必要がありますが、V-rayはPhotonという発想はあっても、設定がないのが助かります。

シェーダーの発想もシンプルで喜ばしいです。Mentalrayの場合はmia_material_xという高性能なシェーダーがありますが、V-rayでこれに相当するのがV-ray_materialというものです。

このシェーダー一つで透明なもの、金属、布など、物質的なものはすべて表現できます。

Diamond(Sapphireサファイア)を今回作りました。


スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei


スタジオ ヒエイのFacebookページ

できれば、「いいね」をよろしくお願いいたします。
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
3dsmax関連記事201205版 (3ds Max講座★3ds Max入門ブログ マニュアル 初心者 操作 解説 使い方 講習 スクール)
Mayaと3dsmaxの違い(発見1)
  • ライブドアブログ