スタジオ・ヒエイの徒然ブログ・CG制作のツボ

つれづれなるままにそこはかとなく3Dを紹介するブログ。 Maya、AfterEffectsを使ったCG制作に関するツボなども書き留めることがあります。 つれづれなるままに、日ぐらしPCにむかひて、こころに うつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく打ち込めば、あやしうこそものぐるほしけれ

Counter

CGアニメーション

PixarのRendermanStudio Pro実践について

前置きですが、
日本人でPixarに就職した方は数名おられます。
デジタルハリウッドの学長は誇りにしていると発言しておられました。


ただ、日本に帰ってきた方もおられるのに、やり方をブログなどでは教えてくださらない。
とても残念というか寂しい話ですよね。
できれば教えて欲しい。でも、教えてくれないですよね。


Rendermanのお勉強、ダメ研さんという方がRendermanの研究をブログの方でされています。
教えてくださっているのですが、文型の自分には到底理解できず、宇宙語でも書いているのかな見たいな感じがします。
http://wiki.livedoor.jp/m_riho/d/RenderMan%A4%CE%A4%AA%CA%D9%B6%AF

非常に難しいプログラミングが表記されています。
しかし、実際はPixar Rendermanにプログラミングが不可欠かというとNoなのです

美大出身のCGアーティストにこんなプログラミングを学べというのは時間のロスでしかない。
それを勉強するよりも、画力を上げる、モデリングを極める、テクスチャを極める、手付けモーションの訓練をするなど、もっとすべきことがあります。

Pixar Rendermanはそんなに難しいシステムではなく、Mentalrayが完璧に理解できている段階であれば、そこそこはマスターできます。

なぜなら、シェーダーをプログラミングしなくてもMaya内のシェーダーが自動的にPixarのRendermanのシェーダー(.slo)に変換されるからです。

以下、Rendermanでレンダリングした画像です。VFX技術などは使っていません。まともに作りこまれたビルを大量に後ろの後ろまでレンダリングしています。8スレッドのPCで数億万ポリゴンを12分程度でレンダリングしアニメートできるのです。



何故それが可能なのか?
Renderman Studio Pro にはRibというシステムがあります。
Pixarが大規模なシーンをレンダリングしアニメートすることが可能になったのはこのシステムがあるからなのです。

その気になれば動くキャラクターだらけのシーンさえ数分でレンダリングできるテクノロジーです。

しかも非常にシンプルで簡単にできるようになっています。

以下ナイスサービス様のCG制作でPixar Renderman Studio Proを使用させていただいたのですが、とてもすばらしい感じがしました。



後、追記ですが、Renderman for Mayaにはribはありません

Pixar Renderman Studio ProをMayaにインストールするとRibが使えます。

後もう一つ、Shave and a hair cutなどの外部のプラグインとも多少連動がとれます。
多少ですが・・・(モーションブラーの設定をするとかつらがずれます)



以下にPixar Renderman for MayaのFreeチュートリアルサイトがあります。(英語)
http://cgterminal.com/2011/04/23/renderman-for-maya-lighting-and-compositing-video-tutorial/

興味のある方は是非ご覧ください。(ちょっと難しいです。)


追伸、Maya mentalrayでも工夫をすれば以下のレベルくらいのものは8スレッドでレンダリング可能です。
余計ですが、用は創意工夫なのです。




株式会社ナイスサービス様 提供
2



スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei

ナイスサービス様のCGアニメーション完成

ナイスサービス様のCG CMアニメーションが完成しました。

数枚ですがキャプチャを公開しておきます。

製作期間4ヶ月の前編フルCGアニメーションです。

是非、興味のある方、興味のない方も、再生ボタンを押して頂けたらなーと思います。

見て損することはない、おそらくそう思います。

今回は人材派遣会社 ナイスサービス様の後押しで作成することができました。

CGアニメーション、その他、自主制作アニメーションではほとんどのクリエイターが食べていけない。

そんな、不安とあきらめの中でお仕事をいただいた事にとても感謝しています。

ありがとうございました。

以下記念にキャプチャとキャラクターを掲載しておきます。


主人公タケシ



女の子役 メーシー



タケシの愛犬 黒の柴犬



jayjay地球



エフェクト



PixarのRendermanのテクノロジーで作った初インテリア&キャラクター



男の子(タケシ)が突如CAが目の前にいることに驚いているシーン



宇宙から到来した女の子 名前:meesii (メーシー)




クライアント:株式会社 ナイスサービス様
2



制作元:スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei

V-ray for Mayaでインテリアをレンダリング

道具の問題というのは非常に大きいと感じるのですが、結局3Dも絵心だと感じます。

V-ray for Maya ,Mentalray for Mayaどれを使っても結局は絵心というか画力です。
その他にPC力、彫刻力も問われている感じがします。

なので、「V-ray for Mayaは万能ですよ」、「これがあればすぐに絵がだせますよ」と発言するのはやめておきます。


 話が戻りますが、今回V-ray for Mayaについて気付いた点は、レンダラーに写真のようにリアルな表現というイメージがありますが、そんなこともなく表現の幅は広いようです。

今回はわざとモラモラしたテンペラ画のような質感を表現してみました。

photonの現れ方に多くボキャブラリーがあって、Menralrayにはない使いやすい機能があります。

レンダリング速度も最終レンダリング以外のプレビューは非常に高速ですばらしい感じです。


次はシェーダーのコネクションについてですが、V-ray for Mayaは非常にシンプルです。
例えばMenralray の場合はsky portal_lightの設定にコネクションが必要だったり、設定が多すぎるのでは・・・?と感じる点がありますが、V-rayはそんなに複雑でもないので助かります。

その他にも助かる点がいくつかあるのですが、一言でまとめると「シンプル」です。








スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei


スタジオ ヒエイのFacebookページ

できれば、「いいね」をよろしくお願いいたします。

キャラデザ ジャック

今回の映像(PV)の名前はChild seatとういことになりました。
ほとんどが物撮り、つまり、キャラクターモーションがメインではなくて、背景の美しさで見せるという感じになったようです。
監督の指示するカメラアングルに期待したいです。
リアルで住みたくなるような完美世界を今回もまた作らせて頂きます。

以下は今回の主人公のキャラクターです。名前はジャックといいます。
もうすでにうごく状態になっていますが、詳細は後程お知らせ致します。
それでは乞うご期待お願い致します。





スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei


スタジオ ヒエイのFacebookページ

できれば、「いいね」をよろしくお願いいたします。

オリジナルアニメーションの公開

http://www.youtube.com/v/oHvtUpeCFP4 先月、オーディション用に作成したものです。 ぜひ見てください。 youtubeで公開中:http://www.youtube.com/watch?v=oHvtUpeCFP4 スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents) hiei
スタジオ ヒエイのFacebookページ できれば、「いいね」をよろしくお願いいたします。

カメは可愛いのか?

このカメは可愛いですか もし ユーフォーキャッチャーの中にあったら、 欲しくなりますか 現実世界に作る予定。 スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents) hiei
スタジオ ヒエイのFacebookページ できれば、「いいね」をよろしくお願いいたします。
QRコード
QRコード
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ