スタジオ・ヒエイの徒然ブログ・CG制作のツボ

つれづれなるままにそこはかとなく3Dを紹介するブログ。 Maya、AfterEffectsを使ったCG制作に関するツボなども書き留めることがあります。 つれづれなるままに、日ぐらしPCにむかひて、こころに うつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく打ち込めば、あやしうこそものぐるほしけれ

Counter

立体

CG制作におけるプラグインを使わないでモーションブラー

先日、ヒエイのブログでモーションブラーについて解説したことがありました。

3DCGソフトの中でブラーを使うのはかなり重くて厳しいため、可能な限りAfterEffectsの中で解決しましょうという内容でした。

前回はその解決策として市販のプラグインを使いましょうと記載しました。
しかし、3Dユーザーである皆様の中には市販のプラグインを買ってまでモーションブラーはいらないという方もいらっしゃると思います。
そんな方のためにデフォルトのプラグインで解決できる方法を記載したいと思います。

しかし、この方法は代用的なものだとお考えください。しかし、実写合成ではそこそこ使えます。是非アニメーションの中でも試していただきたいと思います。


早速方法の説明なのですが、fast Blur (ブラー(滑らか))を使う方法です。
画面が動いているときにはブラーに数値を入力しキー、静止しているときにブラーの値を0にしてキーする方法です。
そこそこ画面に速度感がでます。

そもそも、動いているのに何のブラーも発生しないことに違和感があるため、この簡易な方法でも代用できるわけです。是非、お試しください。


1





スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei


スタジオ ヒエイのFacebookページ

できれば、「いいね」をよろしくお願いいたします。

Pixar風レンダリングをmentalrayでやってみる。

自分も3Dファンの一人ですので、pixarやDisneyの色合いを見ていると、やはりすごいと関心する。

モーション、ダイナミック、背景などそれぞれ手抜きなところがないというか、隙がなく詰まっているというところがいいですね。

今回、メンタルレイでpixarのレンダーマンの色合いがだせるか検証してみました。

1、pixarの特徴、やや橙色のライトがあたっている。

ものにもよるのですが肌が橙ですね。空飛ぶカールじいさんなどはやや、橙
です。夕方が多いのでしょうか。

しかし、橙色のライトをあてだけではこの色合いはでないのです。
では、どうするかというと、ファイナルギャザリングを使うのです。

精度設定の中に一次バウンスと二次バウンスというのがあるので、一次を薄い空色、二次を橙色にしてみましょう。

1m_27_065



スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei


スタジオ ヒエイのFacebookページ

できれば、「いいね」をよろしくお願いいたします。

3D 光の表現についてプラス3Dの需要について

HDRI、ファイナルギャザリングによって、空の色がやや地面に移りこみ、美しい色合いができたと思っています。

Maya,3ds maxについてはシェーダーの概念が同じなのですが、mia_materialを使うと非常に楽であると考えています。mentalrayシェーダーは本来設定も多く、種類も多いので敬遠しがちですが、使うとプリセットも用意されているものがありますので時間節約ができます。

MayaソフトウェアシェーダーのBlinnやLambert,Phongといったベーシックなシェーダーについては簡単なようで、実は自由度が高いので難しい側面も多いと感じています。

一番よいのはシェーダーについては全部理解するつもりでいることでしょう。mia_material,mia_material_X(バンプがコネクト可能)とかcar_material_phenなど、結構難しそうで楽なシェーダーです。

最初、Lightwave3Dを使っていましたが、Maya、maxなどのAutodesk社のソフトの方がシェーダーの設定項目が多いです。また、エラーも多い感じです。私個人の意見なのですが、Lightwave3Dユーザーの方でもし購入可能ならばAutodesk社の製品を購入されることをおすすめします。

セットアップのやりやすさも断然よいです。また、チームで作業をする場合はMaya,3dsmaxのほうが使っている会社が多いので、重宝するでしょう。



HPも順次更新しています。→→ http://www.studiohiei.com/


258082_122997424451206_100002228478574_208356_2770128_o



話が飛びますが、昨今、3Dの需要は増える傾向性にあります。これは確かです。
例えば、企業の商品プレゼンについて動画を使うケースが多いです。
しかし、多いとはいっても、仕事をもとめる業者も多いので、相対的にみれば仕事の量は少ないと見たほうがよいです。
また、業者が多い以前に強い信頼を得る必要性があります。最初に使ってくれる勇気のあるクライアントがいればいいのですけど・・・
一番よいのは横つながりで初音ミクの作曲をやっている人がいるので、一緒にやって、儲けねは山分けとかがいいと思います。学校で出会った友達との横つながりも重要です。あたればそこから横つながりもできてくるのです。

キャラクターモーションや女の子をかわいく作る技術は磨く必要がありますが・・・

急に仕事をくれる人がいたらいいんですけどね・・・



スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei


スタジオ ヒエイのFacebookページ

できれば、「いいね」をよろしくお願いいたします。
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
3dsmax関連記事201205版 (3ds Max講座★3ds Max入門ブログ マニュアル 初心者 操作 解説 使い方 講習 スクール)
Mayaと3dsmaxの違い(発見1)
  • ライブドアブログ