スタジオ・ヒエイの徒然ブログ・CG制作のツボ

つれづれなるままにそこはかとなく3Dを紹介するブログ。 Maya、AfterEffectsを使ったCG制作に関するツボなども書き留めることがあります。 つれづれなるままに、日ぐらしPCにむかひて、こころに うつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく打ち込めば、あやしうこそものぐるほしけれ

Counter

プラグイン

AfterEffectsのCameraTrackerを導入(VFX技術をCG制作で駆使する)

カメラトラッカーを新たに装備。
うその植物はどこかな???
1





AfterEffectsのカメラトラッカーとかいうプラグインが最近売り出されたのを知っていましたか?
感想を一様書いておきます。
とても簡単で使いやすいです。CG制作でも作業がだいぶ楽になると思います。ただCGの場合カメラがMayaからAFに出力できるので絶対に必要ってことはないかも・・・Maya⇒AFを何度も繰り返す手間は省けるかな?
AfterEffectsのサードパーティプラグインで動画の二次編集にTrapcode Particular ,Real Smart MotionBlur,CameraTrackerはとてもおすすめ。(三種の神器的なもの)


使い方はいたって簡単で要約すると、プラグインのプロパティに大きい4つボタンがあって、それをTrack Feature ,Solve Camera,Create Sceneを順に押すだけで自動的にトラッキングポイントが作成されます。

後はポイントの上にマウスをあわせてCtrl右クリック、create >Nullで完了。
貼り付けたい素材にNullのPositionをコピペするだけでOK

詳細な使い方はメーカーにも掲載されていますので、参考にしてください。
http://www.flashbackj.com/foundry/cameratracker/examples/index.html


スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei


スタジオ ヒエイのFacebookページ

できれば、「いいね」をよろしくお願いいたします。

AFでモーションブラー

今までモーションブラーは時間がかかるので、一部入れて時間に余裕が無くなるとやらないことにしていた。

モーションブラーはレンダリング時間が4倍ほどかかる。

重たいシーンで1フレーム15分掛かるとして、1時間という計算になってしまう。

これは一秒間レンダリングするのに30時間かかるという計算で、かなりのタイムロスになる。

この現状にとても悩んでいたので、フリーのブラグインなども試したが、ソフトのバージョンが自分のものは最新なので反応しなかったり。手動で一フレームずつスクリプトを叩いたりめんどくさいことだらけだった。

最近この面倒なモーションブラーを打開すべく、アフターエフェクトの自動モーションブラープラグインを購入した。

RSMBとかいう名前のブラグインで、簡単にブラーがかかるので驚いた。
(Real Smart Motion Blur)

ただ、AFでのレンダリング時間が大幅にかかる欠点があるけど、十分速いしありえない精度と簡単な設定に驚きました。

8400円もして無駄に思えるけど、8400円でこの過酷なレンダリング作業が省略出来るならかなり安いと思えた。

自分で健闘を祈ろう。

RSMB





スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei


スタジオ ヒエイのFacebookページ

できれば、「いいね」をよろしくお願いいたします。
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
3dsmax関連記事201205版 (3ds Max講座★3ds Max入門ブログ マニュアル 初心者 操作 解説 使い方 講習 スクール)
Mayaと3dsmaxの違い(発見1)
  • ライブドアブログ