スタジオ・ヒエイの徒然ブログ・CG制作のツボ

つれづれなるままにそこはかとなく3Dを紹介するブログ。 Maya、AfterEffectsを使ったCG制作に関するツボなども書き留めることがあります。 つれづれなるままに、日ぐらしPCにむかひて、こころに うつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく打ち込めば、あやしうこそものぐるほしけれ

Counter

Realflow

Realflowによる流体ロゴの制作(水)

Realflowによる流体ロゴの制作
Realflow Luquid Animation test.

AfterEffectsを使ってもこれだけは表現できない領域。
それは水。
リアルな水ほど描けないものはない。

「水ほど美しく、やわらかく、そして、しなやかなものはこの世にはない。

水はどのような形にも変化し、決して何者にも逆らおうとしない。

丸い器に入れば丸くなり、四角い器に入れば四角くなる。

時には巨岩をも打ち砕く強さを持つ・・・

ああ、すばらしきRealflow、luquid simulation・・・謙虚だねー水。」

みたいなことを芥川賞受賞作家の新井 満さんの本で見たことがあります。
ちょっとだいぶずれているかもしれませんが・・・

それはさておき、スタジオ ヒエイのロゴアニメーションができました。
Realflowというソフトフェアを使っています。
水専門のソフトです。
水が好きな方、どんどんやってみましょう。
正直、何度もPCが落ちます。重いです。メモリーとCPUが必要になります。
なので、あんまり自分もRealflowを使って度派手なことはできないんです。
とりあえず、Realflowの水は美しいのですが大変大変。でもがんばろう!!!


studiohiei_luquid_logo








以下AfterEffectsの水です。
AF_ocean



suiteki2



チュートリアルなくてすいません。
(一言)Lightwave3DとRealflowを連携させるのが一番クールな感じがします。
Lightwave3Dのレンダラーと相性がいいみたいです。より水水水って感じになります。
自分はMayaのMentalrayを使っていますが・・・


hiei

3D Realflow particle simulation 猫と犬

Realflowではとてもとても基本的なシミュレーション。
最初はたぶん余裕かなーと安易な気持ちで作り始めたけれど、やれどやれど猫と犬の形にはならなかった。

後で知ったことだけど、Realflow2012にはバグがあるみたい。
どこにバグがあるかというとMagicDaemon。

MagicDaemonというのはRealflow Particleを形に変えていくシステムのことで、Realflow4ではバグがない。

おそらくNext Limit社(Realflowのメーカー)が新機能を追加していく過程で、システムが複雑化し問題を生じたものと思われる。

後、流体シミュレーションというのは想定外に計算が重たかったので、メモリーの増設、ハードの増設(仮想メモリー)、その他、PCの高速化を図った。

MagicDaemonはRealflowではとても面白い機能で、他のNewDaemonと組み合わせて、ありとあらゆる非物理現象を起こせる。

今回はRealflow3回目の制作で次はMagicDaemonと他の新しいDaemonを組み合わせて、画期的で面白い流体シミュレーションを作るのを目標としている。

1

2

3

4
















スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei




RealflowとMayaとAdobe Illustratorの連携方法(注意点)

RealflowとMayaとAdobe Illustratorの連携する際に注意するべき点があります。

現在illustratorCS6が登場しています。CS6をお使いの方特に注意すべきでしょう。

注意点:
1、.epsは読み込めません。
2、.aiで保存する必要があります。
3、ベクトルデーターである必要があります。(ビットマップ×)
4、保存時にillustrator8で開けるように保存する必要があります。
Illustrator8のデーターでないとMayaでは開けません。ご注意ください。

Realflowで流体ロゴアニメーションなどを作る際に、まずIllustratorでロゴデザインをするのが良いかと思います。

オリジナリティのある特徴的な文字がMayaで立体的に現れます。

とても便利ですばらしい機能ではないでしょうか?

1


2





スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei


Realflowシミュレーションその2 イラストレーターとの連携

SSSシェーダーやクジラの作成方法、時間のあるときに随時掲載していきます。

前回から使用している流体エフェクト作成ソフトRealflowですが、
ヒエイはRealflow正規版(40万円)を購入していません。機能制限版を使っています短編アニメーションを作るのに支障はないみたいです。V-ray、Mentalrayともに問題なく可動してます。

Particle制限というのが存在しますが、画像をご覧のとおり問題ないです。ロゴでもイラストでも何でも、海でもSimulate可能です。コーヒーカップがはじけてコーヒーがピシャッとなるシーンもmemoryの増設しだいで作成可能です。

ただ一つ重大な問題があります。Realflowはとても重たいソフトです。PC環境を整わせる必要があります。グラフィックカード CPUスレッド数 メモリー等少しでも性能が良くないと、作動させるのが非常に厳しいソフトです。

お気をつけください。

kuzira_magic_none_00000





kuzira_magic_none_00074




kuzira_magic_none_00095








スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei




RealflowのDynamicsがさすがな件

Realflowを最近始めたのですが、さすがにすごいです。

波の動きや流体の動き、その他、崩壊なども可能です。

とにかくリアルテイストのダイナミクスはすべて可能なようです。(リアルテイストでなくても可能)

宇宙戦艦ヤマトの製作に3dsMaxの崩壊プラグインが使われたうわさを聞きました。

理由はMayaの崩壊機能は非常に重たいので、ついていけなかったそうです。

Maya2012からDMMという崩壊シミュレーションの高性能版が付属していますが、有料です。

正直、Realflowさえあれば崩壊プラグインなんていらないくらい計算が速いです。

まだまだ、先は長いですがRealflowの研究を続けていこうと考えています。

Realflow_test_me















スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei



QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
3dsmax関連記事201205版 (3ds Max講座★3ds Max入門ブログ マニュアル 初心者 操作 解説 使い方 講習 スクール)
Mayaと3dsmaxの違い(発見1)
  • ライブドアブログ