Photoshopの自動選択ツールを使った後にできるなぞの輪郭線
これをフリンジといいます。

プロの映像クリエイターからみれば常識的なことなのですが、とても重要なことですので書き留めておきます。

1、photoshopを開きましょう。
赤バックのカメの頭があります。
カメだけ自動選択ツールで切り抜きたいというわけです。
1


2、自動選択ツールで赤を選択。
2


3、よく見ると、輪郭線にまだ、赤い線が残っていますよね
これを削除しないと、合成したときにばればれになってしまいます。
削除しましょう。
2tenn5


4、レイヤー>マティング>フリンジの削除を実行しましょう。
値は1から2ほどで・・・
いちよう3


5、以下、ご覧の通り美しくないフリンジがなくなりました。
5




で、次はAfterEffectsでこのフリンジをどうするかの説明をしたいと思います。
当然、AfterEffectsでもアルファで切り抜けば同じ現象が起こります。

1、まずMayaからtga(アルファ付16ビットデーター)を出力した画像を以下に掲載しています。


普通に黒バックを抜いてコンポジションに配置した場合、黒いフリンジが表れます。
6


2、エフェクトメニューからカラーマット削除を実行しましょう。値は初期値でいじる必要はありません
以下のようにフリンジのラインが消えましたね。
7
8







スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei


スタジオ ヒエイのFacebookページ

できれば、「いいね」をよろしくお願いいたします。