スタジオ・ヒエイの徒然ブログ・CG制作のツボ

つれづれなるままにそこはかとなく3Dを紹介するブログ。 Maya、AfterEffectsを使ったCG制作に関するツボなども書き留めることがあります。 つれづれなるままに、日ぐらしPCにむかひて、こころに うつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく打ち込めば、あやしうこそものぐるほしけれ

Counter

CG制作

V-ray for 3dsMaxのマニュアルの分厚さの違いにビックリ!!!

V-ray for MayaV-ray for 3dsMaxのマニュアルの分厚さの違いにビックリ!!!

断然、V-ray for 3dsMaxの方が分厚いですよね。2倍くらいあるかな。
歴史の深さを物語っていますね。

V-ray for Maya速く3dsMaxに追いついてほしいですよね・・・

でも、MentalrayはMayaの方が3dsMaxよりも機能が増えてます

例えば、importonとかirradienceなど、V-rayにもあるirradienceがMaya mentalrayには登場しています。

irradienceのメソッドというのは、finalgather(FG)と違って、形のR、つまり滑らかさがしっかりモデリングされていないと、アラがまともにでてしまう所があったりして玄人向きなんです。あまりMentalray for Mayaでは常用しないのでは・・・皆さんはどうなんでしょうか?

importonというのはGI、FGと連携できるので、GI(Global illumination)のphoton数を軽減して、レンダリングを軽くしてくれたりします。というかMentalrayなのにGIチェックのみでOKになってしまいます。トリックを使えばですけど・・・いろいろなサイトを参考にしてください。


V-rayの一番の強みはGIレンダリングが基礎にあるので、MentalrayのFinalgatherだけのレンダリングとは光の質が全然違います。GOD Light的なものが表現できます。

V-rayはGIの設定が簡易で、しかも非常に軽いというのが利点です。

建築関係のお仕事で3dsMaxのV-rayは必要ですが、現状、スタジオ ヒエイはMaya派なのでV-ray for Maya、Renderman for Maya、Mentalray for Mayaでいろいろなテイストを表現できればと思っています。ちなみにスタジオ ヒエイはMayaで建築パースを作っています。


V-ray for 3dsMaxの写真みたいな、ではなくて、テンペラ画みたいなとか、旧ベネチア派みたいなとか・・・
いろいろなテイストのアニメーションをこれからも作り続けます。




以下、写真。左V-ray for 3dsMax右V-ray for Maya
DSC_0092low





hiei

CADデーターをMayaにインポートする方法

CADデーターをMayaにインポートする方法

DXFDWGといったCADデーターをMayaにインポートして形を作る方法を軽く紹介します。

CADとの連携は、工業製品や建築物を作る際に必要な技術なので、Mayaではなくて3dsMaxよりではあるのですが、Mayaでも問題はないですよ・・・という意味を込めて、方法を記載しておきます。

1、ウィンドウ>設定/プリファレンス>プラグインマネージャーを起動します。



2、DirectConnect.mllIges.mllなどにチェックしましょう。



3、Importの際にDWG_DCDXF_DCが表示されるのが分かるでしょう。







4、Autodesk CADで描いた図面が表示されました。



5、しかし、ばらばらのパーツになっていますので、少し処理が必要になります。



6、ばらばらになっているすべてのカーブを選択してアタッチしましょう。



7、カーブの編集>カーブのアタッチを実行します。設定は以下画像参考。



8、一度、ヒストリーの削除し、カーブのラインの中心にマニュピュレーターがくるようにします。
中心点pivotも実行しましょう。




9、カーブをミラーした後、7番目と同じアタッチ操作をします。次に同じく、ヒストリー削除、中心点Pivotを実行します。



10、Ctrl+Dでカーブを2つ複製して・・・



11、カーブを二つ選択した後サーフェイス>ロフトを実行しましょう。CAD図面通りのRが3Dで再現できました。



Autodesk Mayaで図面からモデリングした工業製品を掲載しておきます。
「あれれ・・・ポリゴン数がちょっと多すぎるんじゃない。とか思われるかもしれませんが、工業製品のモデリングとはこういうものなんです。正確な曲面を徹底的に描く必要があるみたいです。」
2





以下、CAD図面からインテリアをモデリングするチュートリアルを見つけましたので掲載しておきます。




スタジオ ヒエイより
hiei



Autodesk Mayaで車のモデリング基本(バイレイルツール)

Mayaで精密なカーブ曲面を作成する場合が良くあります。

車のモデリング、プロダクト製品などはカーブが精密にできています。

図面の通りに曲面ポリゴンをモデリングする際に非常に役に立つツールがバイレイル(birail)になります。


バイレイルはカーブベースのモデリングツールになります。


バイレイルにはバイレイル1ツール、バイレイル2ツール、バイレイル3+ツールがあります。
図面ベースのモデリングには非常に有力なツールになるかと思います。


詳しくは以下のブログを参考にしてください。
http://3dcg.homeip.net/3d_reading/modeling/nbs_car/nurbs-car-birail.php


以下、youtubeにも違反のようですが有料サイトのチュートリアルがシェアーされています。
非常に便利で時間短縮をもたらすモデリングツールですので一度確認してみてはいかがでしょうか?



バイレイル3+ツール 補足説明
以下画像を順番に参照ください。
車を図面からモデリングする際に有効です。
特にフロントガラスから後部のいたるまでに使用する頻度が高いようです。

説明1画像
cvカーブのポイント数をすべて6ポイントに統一する必要があります。




説明2画像



説明3画像



説明4画像



説明5画像



説明6画像



説明7画像



birail 3+ tool(バイレイル 3+ ツール)について参考ブログ、youtubu動画等で説明仕切れていない部分をキャプチャしておきました。

ただ、この画像を参考にしても理解しにくい部分があるかと思います。
参考ブログも同時に読むことをおすすめします。

Mayaで車や曲面の多いモデリングをしようとされている方、興味のある方、参考にしてください。



スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei

MayaのFluid Effectsで炎を作ろう

MayaのFluid Effectsで炎を作ろうということで、暇つぶしみたいなことをやってみました。

リアルな炎、煙などをMayaから出力できるわけですが、VFXなど、実写を合成する時にとても大切になってくる技能です。

是非、皆さんもリアルエッフェクトに挑戦してみてください。

もちろん、3Dで炎や煙を作らなくても、実写撮影、AfterEffectsのサードパーティプラグインParticularを使っても同じことです。

Mayaで炎、煙などを作る場合、Dynamicsの3D Containerというのを使用します。




数値は決まった値があります決まった数値を少しいじって、いろいろバリエーションを作っていくという感じです。後は絵心というか自分の感覚で構成していくという感じになります。

これはParicularやFormなどTrapcode社のAfterEffectsプラグインを使用する際と何も変わりはありません。
AfterEffectsの方が楽な方はMayaに触れる必要はないかもしれません。

また、エフェクトの実写素材を所持している方もMayaのエフェクトに触れる必要はない可能性があります。

用は一番楽で合理的な手段を使うのが良いと考えるのがいいのかもしれません。


話しが飛びますが、
RealflowのMistはRealflowの正規版、つまりStandard版に付属するRealflow RenderKitでしかレンダリングできません。と一般的にはいわれていますが、実はMayaの3D Containerで出力可能なんです。

MayaのFluid機能はRealflowをやる方にとって非常に便利な機能なので、いろいろyoutubeの動画などを参考に勉強してみてください。



hi2




スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei







Realflowシミュレーションその2 イラストレーターとの連携

SSSシェーダーやクジラの作成方法、時間のあるときに随時掲載していきます。

前回から使用している流体エフェクト作成ソフトRealflowですが、
ヒエイはRealflow正規版(40万円)を購入していません。機能制限版を使っています短編アニメーションを作るのに支障はないみたいです。V-ray、Mentalrayともに問題なく可動してます。

Particle制限というのが存在しますが、画像をご覧のとおり問題ないです。ロゴでもイラストでも何でも、海でもSimulate可能です。コーヒーカップがはじけてコーヒーがピシャッとなるシーンもmemoryの増設しだいで作成可能です。

ただ一つ重大な問題があります。Realflowはとても重たいソフトです。PC環境を整わせる必要があります。グラフィックカード CPUスレッド数 メモリー等少しでも性能が良くないと、作動させるのが非常に厳しいソフトです。

お気をつけください。

kuzira_magic_none_00000





kuzira_magic_none_00074




kuzira_magic_none_00095








スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei




MayaのMisss_fast_shaderで果物を制作

MayaのMiss_fast_shaderでブルーベリーをリアルグロテスクに制作


grape_okasi





1






白葡萄
6


トマト(テクスチャを使わないでライティングで色付け・一番最初の実験・失敗作)
tomato2


全部Miss_fast_shaderを使っています。Miss_fast_skinでも同じようにできます。




スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei


Maya2012レンダービュー表示されないの解決策

Maya2012を購入された方でレンダープレビュー画面が表示されない方がおられると思います。解決策を以下に記載しておきます。

1、Maya2012のプリファレンスを開き、
カテゴリのUI要素>パネルの構成を以下のように変更してください。(同じようにしてください)
保存するとき、開くときのチェックをはずしてください



2、次にスクリプトエディタを開き以下のmelスクリプトを入力し実行してください。



以下にmelを記載しておきますのでコピーペーストしてみてください。
(このスクリプトは海外のブログで公開されていたものです。)

$exists=0;
for ($item in `getPanel -scriptType "renderWindowPanel"`) {
if ( $item == "renderView" ) {
print "renderView exists.\n";
$exists=1;
}
}
if ( $exists == 0 ) {
for ($item in `getPanel -scriptType "renderWindowPanel"`) {
//print ( $item + "\n");
if ( $item == "renderWindowPanel1" ) {
deleteUI renderWindowPanel1;
$renderPanel = `scriptedPanel -type "renderWindowPanel" -unParent renderView`;
scriptedPanel -e -label `interToUI $renderPanel` $renderPanel;
}
}
}



3、スクリプトをctrl+Aですべて選択してマウスのミドルドラッグでシェルフに追加しRVF(Render View Frame)など自分の分かりやすい名前をつけて、いつでもクリック一発で実行できるようにしておきましょう。
スクリプト実行後プレビューレンダーが可能になります。

追伸、Maya2013をインストールするとMaya2012のレンダービューが正常に回復するようです。

Maya2011 2012 2013のシステムが複雑に連動しているようです。


余計な一言かもしれませんが、Maya2010が一番良かったですね。
全部安定していましたから。Maya2013とそれ以降、非常に期待したいですね。
Maya2015あたりが完璧になってそうとか予想をかってにしています。


スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei

Twitter本格的に始めることにしました。

Twitter本格的に始めることにしました。

CGには国境はないとプロフィールでは語っていますが、お国柄というのがあるような気がします。

砂漠地帯の国は砂漠っぽい感じのCGが多いし、アメリカのCGだとニューヨークのウォール街が出現しますよね。

いろいろな国のCGを見てみるのも楽しいかもしれませんね

1



studiohiei_twitter_logo



スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei

Maya2013 MotionCapture Retageting性能向上の件

Maya2013が新しくリニューアルされるみたいです。

Maya2012に比べて格段に比較にならないくらいモーションキャプチャの親和性がとれるようになっています。

HumanIKのリターゲティング時に起こる腕の不可動エラーがなくなっています。

MotionBuilderと同じ性能とはいかないけれど、この進歩の速さはすごいです。

来年度にはMotionBuilderがいらないくらいにHumanIKが進歩しているかもしれませんね。

1


動画はfacebookにアップロード、以下参考のほど。
http://www.facebook.com/photo.php?v=298411056909841&set=vb.100002228478574&type=2&theater

3DはMayaさえあればいいという時代がくることを願ってやまないですね。

以下、Maya2013スキニングのすごい変革です。





スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei

株式会社 ナイスサービス様のCG CM完成

螢淵ぅ好機璽咼考佑裡達韮達諭3D PV CM)がようやく完成しました。

製作期間4ヶ月という長期制作になりました。一日平均12時間の制作。
CGアニメーション制作って全力疾走で4ヶ月もかかるんです。

是非、一度CGアニメーションに興味のある方もない方も制作者のために見てあげてください。

とてもとても手間と時間とお金がかかっています。

どうかよろしくお願いいたします。


(音楽変更しました。)





こちらはキャラクターデザイン、CMの名場面をスライドショーにしてみました。
是非ご覧ください。よろしくお願いします。



株式会社 ナイスサービス様
2


スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
3dsmax関連記事201205版 (3ds Max講座★3ds Max入門ブログ マニュアル 初心者 操作 解説 使い方 講習 スクール)
Mayaと3dsmaxの違い(発見1)
  • ライブドアブログ