RealflowとMayaとAdobe Illustratorの連携する際に注意するべき点があります。

現在illustratorCS6が登場しています。CS6をお使いの方特に注意すべきでしょう。

注意点:
1、.epsは読み込めません。
2、.aiで保存する必要があります。
3、ベクトルデーターである必要があります。(ビットマップ×)
4、保存時にillustrator8で開けるように保存する必要があります。
Illustrator8のデーターでないとMayaでは開けません。ご注意ください。

Realflowで流体ロゴアニメーションなどを作る際に、まずIllustratorでロゴデザインをするのが良いかと思います。

オリジナリティのある特徴的な文字がMayaで立体的に現れます。

とても便利ですばらしい機能ではないでしょうか?

1


2





スタジオ ヒエイ提供 (Studio Hiei Presents)
hiei